日記・コラム・つぶやき

サラリーマン哀愁歌

先週、テレビを見ていたら、宮沢賢治のことをやっておりました。
eye彼も早死にしておりますが、晩年はサラリーマンだったとは知りませんでした。
有名な『グスコーブドリの伝記』も『雨ニモマケズ』もこの頃の作品と知ると、
我が身のことのようで、最後まで見てしまいました。sad
http://www.nhk.or.jp/historia/backnumber/45.html

それにしても、最近のプログは愚痴、毒舌が多いなぁ・・・
このままでは、への字の頑固親父になってしまいます。
彼の生き方を学ばなくてはなりません。up
先ずは、音読

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

丈夫ナカラダヲモチ 欲ハナク 決シテ瞋ラズ

イツモシヅカニワラツテヰル

一日二玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ

アラユルコトヲ ジブンヲカンジヨウニ入レズニ

ヨクミキキシワカリ ソシテワスレズ

野原ノ松ノ林ノ陰ノ 小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ

東ニ病気ノコドモアレバ 行ツテ看病シテヤリ

西ニツカレタ母アレバ 行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ

南ニ死ニサウナ人アレバ 行ツテコハガラナクテモイヽトイヒ

北ニケンクワヤソシヨウガアレバ ツマラナイカラヤメロトイヒ

ヒデリノトキハナミダヲナガシ サムサノナツハオロオロアルキ

ミンナニデクノボウトヨバレ ホメラレモセズ クニモサレズ

サウイウモノニ ワタシハ ナリタイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨の花

あぢさゐの八重咲くごとく彌(や)つ代にを

 いませわが背子 見つつ偲はぬ (橘諸兄:万葉集より)

恋の歌のようですが、73歳の歌だそうです。

そうなると、どんな気持ちでこの歌を作られたのでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬上試合の勝ち名乗り

この勇気と武勲と大胆さを持つ輝かしい騎士は、いったん冑を取れば、礼儀と忠誠を寛大の人になる。彼は戦場でも宮廷でも立派な人物だ」(13世紀:仏詩人、5/15毎日新聞より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6時間耐久ラブワゴン

週間俳句 句会スペシャルより

http://weekly-haiku.blogspot.com/2009/05/02.html

句会に参加するだけでも大変なのに、それを6時間フルマラソンtyphoon

やり終えた参加者に拍手です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万緑叢中紅一点

見渡す限り緑の草むらに赤い花が一つあること。

「多くの男性の中に女性がただ一人」との意が発生し、今は「紅一点」のみで使われる。

もとは中国の王安石の詩。

そこから取った「万緑」を中村草田男が季語として定着させた。

『万緑の中や吾子の歯生え初むる』

(毎日新聞:5月4日朝刊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玄関前の木の芽

玄関前の木の芽
芽ぐむかと大きな幹を撫でめぐり
阿波野青畝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜の花や月は東に日は西に

菜の花や月は東に日は西に
菜の花や月は東に日は西に
蕪村の句です。雨の日が続く中で、いつの間にか春が来ておりました〓

| | コメント (0) | トラックバック (0)