« 省く・・・中原道夫 | トップページ | 可哀想な句 »

「瞬く」・・・森賀まり

目の中に芒原あり森賀まり

この句は、亡き田中裕明さんが作った句であります。
彼女への愛情、彼女の安らぎ、また彼女がいたからこそ、俳句を続けられている感謝の
気持ちが、この一句に詰め込められている気がします。
しかし、この句が彼女からずっと離れることはない支えでもあり、重荷であるかも知れません。
そうした中にタイトルの「瞬く」という言葉があちらこちらにちらつきます。
すでにこの世にはいない伴侶、それでも生きていくしかない人生・・・
 香水に守られてゐるかも知れず
 盆の道見慣れしものを一つづつ

内容は五つに分かれます。
句集は裕明氏の没前後10年間です。
最初は、裕明氏の作風が色濃く出ております。
 水着の子川原の石に耳を寄す
 柔らかな子供の靴や萩の道
 掛稲に近く決して怒らぬ人
 美しくわからぬ言語水澄めり
また、我が子を育てる彼女の句も、読者の心を掴みます。
 天神のつつじを吸うてゐる子かな
彼の死に留まることなく、だんだんと離れて行き、最後のVの五つ目は彼女らしい作風となっております。
どの句も日常から作られる句であり、心に染み渡ります。

裕明氏を慕うメンバーが集まり、彼のことを研鑽して毎年、「静かな場所」を発行しております。
また、賛同する多くの俳人たちが結社の枠を超えて、それを支え合っております。
彼女がいるからこそ、彼の句が今も読まれ、今後も失せることはないと思います。
もちろん、彼女の句も彼に寄り添いながら、後世に引き継ぎられることでしょう。

(お願い:「静かな場所」No.1を探しております。譲っても宜しい方、どこかで見かけになった方、ご連絡願います。)

<感銘句>

をだまきの花へ降りゆく梯子かな
水着の子川原の石に耳を寄す
夏の雲歌はもう一度はじめから
道の先夜になりゆく落葉かな
柔らかな子供の靴や萩の道
掛稲に近く決して怒らぬ人
我を見ず茨の花を見て答ふ
袋蜘蛛ロシアの名前むつかしく

ふらここや岸といふものあるように
香水に守られてゐるかも知れず
盆の道見慣れしものを一つづつ
天神のつつじを吸うてゐる子かな
美しくわからぬ言語水澄めり

近づけば草刈る人のかくれけり
春日傘追ひつけさうで追ひつけず
本を読む冬帽のほか変はらぬ人
冬菫こちらの岸と見ゆる岸

歯をあてし花見団子のひんやりと
風船に長き緒のある小春かな
初蝶のあやふき脚が見えてゐる
蛇苺ねむたくなれば立上がり
瞬きに月の光のさし入りぬ
やはらかき指先なればこほらむか
Ⅴ(子の句は割愛)
空暗くなるたび落花かと思ふ
かすかなる空耳なれどあたたかし
苔咲いて三つに畳む手紙かな
烏瓜骨のすがたのよき人と
静けさの長き食事や墓参あと
秋の灯となる大学も病院も
マスクしてひよこの如く震へをり
墓参みち落葉を拾ふひとのあり
冬服のどこまで深く手の入る

いつせいに鉛筆の音雪の山
バスの顔みな横向きに合歓の花
わが胸にこだまのありぬ青簾
無花果をさつと包みむ新聞紙
黒革の手帖やはらか十二月
足組めば砂のこぼるる素足かな
風鈴や庭より入る母の家
ひぐらしや暗闇なれば手をつなぐ
いと小さく顔上げてゆく秋日かな

|

« 省く・・・中原道夫 | トップページ | 可哀想な句 »

句集・歌集etc」カテゴリの記事

コメント

もしかしたら、「静かな場所」NO1は倉庫の奥にあるかもしれません。(ただし書き込みと折り目があり、保存状態は悪いです)見つかったら、ご連絡いたします。

投稿: 海音 | 2010年7月15日 (木) 00時37分

海音さま

No.1お持ちですか????
不要でしたら、是非ともお譲り下さいませ。
保管状態、全然気にしません。
よろしくお願い致します。

投稿: 楚良 | 2010年7月18日 (日) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「瞬く」・・・森賀まり:

« 省く・・・中原道夫 | トップページ | 可哀想な句 »