« 可哀想な句 | トップページ | 現実と空想 »

プリンス・・・長谷川櫂

彼の人生は「俳句」につきると思います。
中学・高校から始めた俳句は、大学、社会人になっても続き、彼なりの形式が出来上がっていた筈です。
しかし、30歳のときに、今までの俳句を捨てて、飴山實に師事します。
それからというものの、我が行く道を自ら作り、先頭に立っていく俳人であります。。
そのためには、記者の二束わらじを止め、俳句の道一本にしたことは、並々ならぬ決意と覚悟が伺い知れます。
その点、僕はその場しのぎの適当な人間、将来の夢もなく、また稼ぎも少なく家族に迷惑を掛けておりますので、俳句は彼の言う『余技』でしかありません。
僕にないものを彼は持っており、また出来ないことを彼は実行しており、それが苦手意識をしているのかも知れません。

彼の句は「俗」と「雅」というより、『綺麗』と言ったほうがいいかも知れません。
落ち度なく、まさしくプリンスそのものです。
以前、『蝿 ニ連チャン』←タイトルだけでも、こちらはタイトルだけでもふざけておりますね。。。
で、お話しましたが、俳諧以降、「俗」を読むようになったと書きました。
「俗」を詠むということは、一般庶民を反映するということです。
人間は、俗っぽいところがないと、面白みがないかと思います。
これは、坪内稔典さんの句と比べれば一目瞭然です。(好き嫌いは別として)
もちろん、彼にも俗があるかと思いますが、俳句にもっと、そのようなところがあってもいいような気がします。

今年初頭に、結社「古志」を2011年に30歳となる大谷弘至副主宰に譲ると宣言されました。。
理由はいろいろあるようですが、彼の理想と追求は、まだまだ続きます。

|

« 可哀想な句 | トップページ | 現実と空想 »

現代俳句の海図」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリンス・・・長谷川櫂:

« 可哀想な句 | トップページ | 現実と空想 »