« 俳句について(その1・・・川柳) | トップページ | 省く・・・中原道夫 »

エロス・・・櫂未知子

久々の「現代俳句の海図」シリーズです。note
ここから紹介するのは苦手とする俳人ばかりで、前回、田中裕明で括りにしようと思いましたが、去年末(2009年)に出版された『新撰21』でも、苦手意識が出てしまいました。
でも、今後の俳句を知るうえでも、このまま逃げてもどうしようもないので、講評です。cat
(短評、好ましくない評になるかも知れません。お許しを。。。coldsweats01

まずは、インパクトのある句thunder
 シャワー浴ぶくちびる汚れたる昼は
 セーターの中に貧しき丘がある
 ぎりぎりの裸でゐる時も貴族
 一人なら毛布を奪ふこともない
 佐渡ヶ島ほどに毛布を離しけり

知っての通り、当初は短歌を嗜んでおりましたが、先生の「あなたの歌は五七五で終わっている」と指摘されてからの転向です。
しかし、転向後、水を得た魚のように、彼女の句は気持ちの良いものとなりました。
聡明で斬新であると思いますが、これほどにインパクトに表現された方はいないかも知れません。
その場所、その時点の思いをストレートに言い表わしたのですから、女の情熱、エロスとは、男とは比較できず、僕はたじたじです。。。happy02
俳句とは、作り手と読み手があって、産み出されるものです。
作り手がいくら俳句として作ったとしても、読み手が共感しなくては俳句とはなりません。
(俳句でなければ、それは詩そのものです。)
彼女の句が発表され、いまも残っているということは、彼女に共感する読み手がいるということです。cat

同時期、上記の句以外に父を悼む句があります。
 無冠なる父へ瞬く春北斗
 眠るたび父は銀河に近づきぬ
 つややかな管つけ父は朧なり

自分の人生に俳句があり、俳句をすることで多く人と共感する。
若手の俳句に馴染まないのは、きっと俳句を通じて共感するところが少ないのではないかと思います。
ただ、綺麗な語彙やインパクトのあるものを並べても、読み手に伝わらなければ意味がありません。
多くの人と共感するためには、言葉、季語を知り、切れ字や型を信じ、いかにして自分の思いを捨て切れるかと思います。
古臭いかも知れませんが、自分の思いを伝えるだけの詩でなく、読み手にある思いを鼓舞できるような俳句が出来ればと思います。paper

|

« 俳句について(その1・・・川柳) | トップページ | 省く・・・中原道夫 »

現代俳句の海図」カテゴリの記事

コメント

佐渡ヶ島ほどに毛布を離しけり
  は
佐渡ヶ島ほどに布団を離しけり 
  ではないでしょうか

投稿: | 2014年2月24日 (月) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534961/48708961

この記事へのトラックバック一覧です: エロス・・・櫂未知子:

« 俳句について(その1・・・川柳) | トップページ | 省く・・・中原道夫 »