« 旧正月 | トップページ | 伝統俳句=現代俳句 その2(作法と技法) »

家庭の掟

掃除機は立たせて仕舞ふ鳥雲に 杉山久子

どの家でも掟があり、その審判は妻である。
我が家では掃除機を立たせるのは厳禁で、持ち運ぶときでも怒られる。
タオルの畳み方も独特で、その折り方だけでも喧嘩したことがある。
しかし妻の妹が、普段見慣れた折り方をしており、びっくりしたことがある。
妻曰く「そんなのは、妻の考えが一番でしょ!!」
いやはや、我が妻に敵うことはないだろう。。。

雛の間に洗濯物を畳む夫 楚良

|

« 旧正月 | トップページ | 伝統俳句=現代俳句 その2(作法と技法) »

俳句 批評」カテゴリの記事

コメント

楚良さま

いつも温かいコメントありがとうございます。
人間味のあるお話ですね。
私も頼もしい奥さんがほしいです。
これからもよろしくお願い致します。

投稿: 豊里 | 2010年2月25日 (木) 18時32分

豊里さま

いやはや家庭を持つとは幸せでもあるけど、大変なことです。
よくも、適当な僕に、家内が一緒にいると思います。

頼もしい妻は、強いですよー。特に子供が出来たら、女は変わります。
結婚はゴールではなく、二人のスタートです。
豊里さまも、将来を語り合える人が現れると良いですね。
(実はいたりして

投稿: 楚良 | 2010年3月 1日 (月) 11時49分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家庭の掟:

« 旧正月 | トップページ | 伝統俳句=現代俳句 その2(作法と技法) »