« コンビニ句 | トップページ | 「未踏」(高柳克弘) 後編 »

「未踏」(高柳克弘) 中編

彼が所属する「鷹」の結束力はすごいです。

句会はもちろん、ネット句会やチーム賞(小句会)もあり、また全国俳句大会への投句も奨励しております。

それを指導する、小川軽舟さん、奥坂まやさんたちの力、また、ついて行く同人の方々。。。

一度、俳誌を読んだことがありますが、その中身は充実しており、書店で売っている月刊誌は要りません。

(でも、僕はこの結社には所属しておりませんし、結社を進めているわけではありません。また月刊誌を必要としている人もおります。念のため

そんな「鷹」の編集長を勤めているので、どうしても彼への注目度、期待度は高まってしまいます。

編集長に就かれたのは、2005年の25歳の時です。

前年、「俳句研究賞」を頂き、俳人としての彼の名前が知れ渡ったところです。

2005年は、藤田湘子が死去され、編集長だった小川軽舟さんが主宰となり、その後釜に白羽の矢が立ちました。

彼が、湘子先生に学んだのは約3年です。(湘子最後の愛弟子と言われております

彼は、学生のときに俳句を始めたとのことですので、(多分)7年目にして大役を受けたことになります。

多くの著名俳人を輩出している「鷹」で、まだ他にも候補がいたでしょう。

その中での大抜擢

すごいプレッシャーだったと思います。

しかし、この頃の彼が作る俳句は、僕はあまり好きではありません。

何故かなぁと思っていたのですが、先日(1/9)出演の「俳句王国」で、黒田桃子先生が、「古めかしい句は高柳さんだったのね」と言われて納得。

そうそう、いきなり俳句が落ち着いてしまうんですね。。。

理由はありますが、それは後編で

それでも、多くの人の感銘を受ける句を作っているので、すごいなぁと感心してしまいます。

2005年

 どの樹にも告げるきさらぎ婚約す

 雛飾るくるぶしわれのおもひびと

 潮満ちていそぎんちやくは死者の花

 飾るものなし花冷のくびすじに

 素足ゆく床の幾何学模様かな

 林檎割る何に醒めたる色ならむ

 人形の頭のうしろ螺子寒し

2006年

 枯るる中ことりと積木完成す

 枯原の蛇口ひねれば生きてをり

 さざなみのおくる夕日やをみなへし

 水族館かすかに霧のにほひけり

 日暮より早き別れや冬の川

 冬深し小石はゆらぎつつ沈む

|

« コンビニ句 | トップページ | 「未踏」(高柳克弘) 後編 »

俳句 批評」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「未踏」(高柳克弘) 中編:

« コンビニ句 | トップページ | 「未踏」(高柳克弘) 後編 »