« 「未踏」(高柳克弘) 前編 | トップページ | コンビニ句 »

俳句は道楽

明けましておめでとう御座います。

前回の更新から、あっという間に2ヶ月が過ぎてしまいました。

プログを楽しまれている方には申し訳御座いません。

高柳克弘さんのお話は今月中には完結させて頂きます。

そういえば、先日(1/9)の「俳句王国」に出演されておりましたが、これでまた女性の心を鷲づかみにされたのではないでしょうか?

さて、タイトルの『道楽』について話させて頂きます。

今年のお正月は、家事や子供たちのお世話で終わってしまいました。

初句会に講演会とお誘いを受けましたが、全部、キャンセルです。

(お誘いして頂いた方には、申し訳御座いません。必ず、今年中一回は出席させて頂きます。)

多分、これからも子育てが一段落するまでは、定期の出席は無理なのかもしれません。

そこで、思ったことです。

僕にとって俳句は、今の生活(仕事、家族)があって成り立っているので、これらを疎かにすることは出来ません。

文芸だの教養だと言って、インテリぶっている人もおりますが、家庭を省みず、お金や時間を投資するのは、道楽だと思います。

結婚や子供が生まれたり、家庭がどうなろうと平然と句会に参加されていたら、自己中心的な方か、相手がよほどの奇特な方のどちらかです。

髪を切りに行きたくても、子供を預けれる’ちょっと’が出来ない。(この意味が分かる方は、よほど苦労されている方です。)

以前、「何が何でも句会に出てきなさい」と叱咤されたことがあります。

確かに俳句上達には、句会は不可欠です。

でも、家庭や仕事を犠牲にしてまで、行うものであるかと考えてしまいます。

今の生活に合った俳句で楽しめればと思います。

xx俳句やxx論が月刊誌、ネット上で話題がありますが、それは僕にとって別世界。

俳句に触れるということは、楽しみであり、癒され、遊びの場であります。

今お付き合いされている方は、そんなことを理解されている方ばかりで、とても有難く、心の拠り所です。

時間が許される限り、ネット句会やプログ等で遊んで行きたいと思いますので、旧年と変わらぬお付き合いお願い致します。

妻とゐて童にぎやか冬水仙 楚良

追伸:mixiでネット句会をしております。ご興味がある方は是非とも一緒に俳句をしましょう。mixiに登録されていない方は、ご招待させて頂きますので、メールアドレスを教えて下さいませ。

|

« 「未踏」(高柳克弘) 前編 | トップページ | コンビニ句 »

俳句 批評」カテゴリの記事

コメント

 欠席投句とインターネット句会などの活用で、何とかなるかもしれませんよー(欠詠しなければ・・・)

投稿: 海音 | 2010年1月12日 (火) 21時53分

海音さま

コメント有難う御座います。
句会ほど刺激があるものはありません。
「何が何でも・・・」と言われた方には『欠席投句でも毎月句会に出れない人には・・・』の威圧感がありました。
現にその句会に参加されている方で同年代の子供いるのに、吟行会や鍛錬会にも出席されている方もおり、実生活はどのようにされているのかと疑問を抱いてしまいました。
でも、その一方で理解される方もおり、欠席投句やネット句会を楽しんでおります。
いつか、なま句会があれば、一緒にやりましょう

投稿: 楚良 | 2010年1月13日 (水) 13時29分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 俳句は道楽:

« 「未踏」(高柳克弘) 前編 | トップページ | コンビニ句 »