« 柿四角ならばナイフを十文字 | トップページ | 俳句は道楽 »

「未踏」(高柳克弘) 前編

彼をはじめて知ったのは、僕が俳句を始めたばかり、初めて「NHK俳句」を見たときです。(2007年12月)

この番組のゲストで彼が出演されており、しかも地元出身で本(凛然たる青春)を上梓されたことを話されており、自分より一回り若い方が、俳句界の中でご活躍されていることに、とても嬉しく思いました。

そして、彼の句集がいつ出るのかと待っていたのは、僕だけではなかった筈です。

それだけ、彼の注目度はすごいものだと思います。

さて、句集ですが大きく三つに分かれます。

初期:俳句はじめたばかりで、いろんな俳人に接している時期。

中期:「俳句研究賞」を頂き、また「鷹」編集長となって、戸惑い時期。

後期、彼の句が定着された時期。

僕は初期と後期は、すんなりと入ってきたのですが、中期は難解が多かったです。

でもこの苦悩時期がないと、句集は成り立たないので、自選は相当難しかったと思います。

それから「句集」には、蝶の句が多いです。

 喋々のあそぶ只中蝶生る

 ゆびさきに蝶ゐしことのうすれけり

 春月や羽化のはじまる草の中

 鉄路越え揚羽のつばさ汚れけり

 蝶ふれしところよりわれくづるるか

 眉の上の蝶やしきりに何告ぐる

 蝶の昼読み了へし本死にゐたり

 路標なき林中蝶の生まれけり

 わがつけし欅の傷や蝶生る

 羽化の翅はばたかむとす草泉

 つまみたる夏蝶トランプの厚さ

 蟻運ぶ蝶の模様のかけらかな

 高速の素質ありけり黒揚羽

 揚羽追ふこころ揚羽と行つたきり 

最初の2年間(2003-2004)だけで、これだけあります。

この世に生きていながら、非現実の空想世界を求めているような気がしました。

さらに、青春を謳歌している句もあり、読み手それぞれの思いをかき立ててくれます。

 「木犀や同棲二年目の畳」

僕にはこんな青春がなかったら、作れない句です。いいなぁ

以前紹介した佐藤文香さん同様に、何かの賞を頂けるのではないかと思います。

期待されていた以上に、出来栄えの良い句集だと思います。

2004-2005感銘句

雨よりも人しづかなるさくらかな

ゆふざくら膝をくづしてくれぬひと

名曲に名作に夏痩せにけり

わが拳革命知らず雲の峯

空蝉(旧字)を握り潰せば紙の音

降る雪も本の活字も無音なり

如月や鳥籠昏きところなし

桜貝たくさん落ちてゐて要らず

花ふぶきつひの一片誰も知らず

揚羽追ふこころ揚羽と行ったきり

うみどりのみなましろなる帰省かな

木犀や同棲二年目の畳

(続く)

|

« 柿四角ならばナイフを十文字 | トップページ | 俳句は道楽 »

句集・歌集etc」カテゴリの記事

コメント

 こんばんわ。今日の俳句王国は高柳氏が登場していましたよー来週も今回に続き新進気鋭の俳人がゲストらしいです。

投稿: 海音 | 2010年1月 9日 (土) 23時28分

海音さま

明けましておめでとう御座います。
僕も「俳句王国」見させて頂きました。
また、多くの女性をとりこにしてしまいましたね
来週も若手俳人の登場、今後の俳句を背負っていく人たちの感性、価値観を学ばなくてはなりません。
海音さまも、その一員ですよ
期待しております。

投稿: 楚良 | 2010年1月11日 (月) 11時14分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「未踏」(高柳克弘) 前編:

« 柿四角ならばナイフを十文字 | トップページ | 俳句は道楽 »