« 新人・若手・中年 | トップページ | 「未踏」(高柳克弘) 前編 »

柿四角ならばナイフを十文字

11/5(木)毎日新聞「季節のたより」より、作者正木ゆう子。

柿はいろんな種類がありますが、四角といえば「次郎柿」です。

地元も、その次郎柿最盛期

週末は、お世話になっている農家まで行って、「柿狩り」と「みかん狩り」をして来ます。

それにしても、ゆう子先生の句は的確に捉えておりますね。

確かに十字にナイフを入れます。

あと、僕は固い柿が好きですが、家族は熟柿派です。

既に、食卓の上に、数個の柿が熟されるのを待っております。

人妻に捧げるごとく柿熟れる 拙句

|

« 新人・若手・中年 | トップページ | 「未踏」(高柳克弘) 前編 »

俳句 批評」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柿四角ならばナイフを十文字:

« 新人・若手・中年 | トップページ | 「未踏」(高柳克弘) 前編 »