« 三橋鷹女の魔力 | トップページ | 句集を読む »

句会の楽しみ

半年振りに句会に参加しました。

しかも、東京です。

主宰はもちろん参加者全員が初対面です。

どんな句会になるのか、ドキドキです。

俳句をするなら、是非とも句会には参加して欲しいものです。

句会は学ぶことがたくさんあり、上達も加速します。

句会の選び方ですが、好きな俳人とかいれば、その人にコンタクトして下さい。

(句集なら最後に連絡先が載っています。)

または、好きな先生の結社に連絡するかと、いずれにせよ、自分の価値観が一緒でないと、楽しめないので気をつけて下さい。

殆どの方は、Wellcomeですので、一緒に句会が出来るだけでも幸せ者です

それから、こちらは(その句会の)初心者なので、最初から高評価取れるとは思わないことです。

自分の句が自信がなく見せられないのではなく、他の方はどんな句を作っているんだろうと、参加するべきだと思います。

また、自分の句に、いろんな方が講評してくれるのも、句会ならではです。

ここぞと思ったら、主宰に師事を仰ぐか、結社に入会するのも良いかと思います。

なにしろ、句会参加が、俳句上達の鍵です。

因みにその句会の投稿句です。(拙句初披露ですね

講評を頂けると幸甚です。

<一回目>(兼題:露、秋の蝿含む5句)

漁終へる跡白波の涼しさよ
あばら屋の今が身頃の露の玉
白葡萄煙草の匂ひたる女
新涼や琴の音ゆるむ京の家
はらからの遺産争ひ秋の蝿

<二回目>初参加のお礼に、昼食時に即興句会です。(兼題:天高し、空高し)

 和服着てなほも孤独や秋高し
 全うに走れぬ吾や秋高し
 秋高しホテルロビーのあめ細工
 秋高し天涯孤独の山頭火
 天高し空つぽとなる永田町

|

« 三橋鷹女の魔力 | トップページ | 句集を読む »

俳句 批評」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 句会の楽しみ:

« 三橋鷹女の魔力 | トップページ | 句集を読む »