« 相田翔子・・・中年の思い | トップページ | 句会の楽しみ »

三橋鷹女の魔力

9月22日付 毎日新聞「季節のたより」で素敵な句に巡り合いました。

 さやうなら霧のかなたも深き霧

誰の句かなぁ・・・と思ったら、三橋鷹女さんの句でした。

彼女の句は、胸の奥まで響いてくるんですよね。しかも余韻が気持ちが良い。

以前、「正木ゆう子」さんのところでも書きましたが、改めて

 ひるがほに電流かよひゐはせぬか

 夏痩せて嫌ひなものは嫌ひなり

 あたたかい雨ですえんま蟋蟀です

 くちびるに夜霧を吸へりあまかりき

 月見草はらりと宇宙うらがへる

 つはぶきはだんまりの花嫌ひな花

 この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉

 みんな夢雪割草が咲いたのね

まだまだ掲載した句がありますけど、割愛

言葉の魔力はすごいですね。

新聞掲載句もそうですけど、同じ言葉を使っていても、違和感を感じない。

同じ言葉を漢字やひらがなに置き換えて使う句を見かけますが、多くは繰言であって、好きではないです。

でも、彼女の同じ言葉であっても、違う意味となっており、絶妙です。

彼女にどっぷり嵌りたい気持ちがある反面、時間がいくらあっても、抜け切ることが出来ないパラレルワールド

ふーむ、考えるだけで、時間だけは過ぎてゆく・・・

|

« 相田翔子・・・中年の思い | トップページ | 句会の楽しみ »

俳句 批評」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三橋鷹女の魔力:

« 相田翔子・・・中年の思い | トップページ | 句会の楽しみ »