« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月26日は七夕です

今年新暦7月7日は、旧暦5月15日満月でした。

当然のごとく、晴天になっても天の川は見れず、星祭り状態ではありません。

さて、七夕、天の川を歳時記で調べると秋の句になっております。

不思議ですよね。。。 どうしてでしょうか?

 

七夕は五節句の一つです。(1/7 人日、3/3 上巳、5/5 端午、7/7 七夕、9/9 重陽)

昔からこの日に合わせて、人々はお祝いをして来ましたが、明治6年、新暦に改定されました。

その時、規制とかすれば良かったのですが、改暦を行う1ヶ月に告示され、実施されまた。

開国後、西洋文化に押し潰れないように、西洋に合わせての改暦ですが、実際はその年(明治6年は閏年)は13か月分の給料を支払う防いだとも言われております。

なので、地域ごとに新暦と旧暦に独自に分かれて行われるようになりました。

また、七夕とはお盆行事の一環で行われていたので、盂蘭盆会なども新暦、旧暦に分かれてしまいました。

因みに、仙台の七夕祭りなどは8月7日に行われますが、実際には新暦と旧暦の間(20日から50日のずれ)を取っただけで、暦とは関係ありません。

 

若し、旧暦通りに七夕を祝うことにしたら、どうなるでしょう。

月は上弦です。宵の口、天中近くの半月は夜半には隠れてしまいます。

満月の12分の1の明るさの半月が天の川にかかると、その辺だけ川が消えます。

そうして、牽牛と織姫が逢えるのです。

何という、ロマンティックな天体ショーではないですしょうか

各地域で、行事の定着化されておりますが、まずは七夕を旧暦に合わせ、子供たちの一緒に恋話をしたいものです。

(参考:毎日新聞7/12「旧暦どっぷり」より)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衝撃句 → My Style

カルビーのポテトチップス原爆忌  中田美子

 

8/6毎日新聞朝刊に掲載された句です。

何はともあれ、この句を読んだら、誰もが衝撃を受けるのでは・・・

この句から分かるのは、彼女はポテトチップスに平和を感じたことです。

しかし、ポテトチップスでなくても平和を感じることはあるし、わざわざ原爆忌の句にすることはないと思います。

広島の句といえば、西東三鬼の

 広島や卵食ふ時口ひらく 

がありますが、この句と並べてみると、重みも感覚も全く異なることが分かります。

若しかしたら、カルビーの創立は広島なので、それを知った上の作句なのでしょうか?

でも、それなら「かっぱえびせん」でも良いし、平和は原爆忌は終戦日でも良くなります。

要は、他に言い換える俳句はまだ未完であるいうことです。

でも、彼女の他の句を読んでみると

 ビル朧どこにでもある中央区

 新緑が人のすきまを埋めてゆく

 鎖骨よりのびる首すじ花の雨

 夏空や砂漠の神に強き脚

 恋人と骨のかけらを取り換える

 アメリカの大きな鹿の話かな

 惑星に太古の配置春隣

なるほど、ポテトチップスの句は、彼女の句として納得できるものです。

 

よく、初心者に作った俳句を教えてというと、「まだまだ見せるものではない」と言われます。(僕もまだまだ人に見せれる句はありませんがが・・・)

でもそれは止めて、どうどうと見せた方が良いと思います。

自分のスタイルで作った句は、恥じる必要もないと思います。

読み手がどのように感じて、その結果を、次の俳句にすればいいと思います。

そして、自他共に認めるMy Styleの俳句となれば、言うことないです。

今回の衝撃句は、今後もいろんな人に読まれ、埋もれることはないでしょう。

そう考えると、彼女のMy Styleの中から出された秀句だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正木ゆう子(現代俳句の海図より)

彼女の魅力と言ったら、感性の鋭さかと思います。

この感性で、読み手の心を弄ぶとすれば、三橋鷹女先生でしょうか

 ひるがほに電流かよひゐはせぬか

 夏痩せて嫌ひなものは嫌ひなり

 あたたかい雨ですえんま蟋蟀です

 月見草はらりと宇宙うらがへる

 この樹登らば鬼女となるべし夕紅葉

また、五七五調でありながら、わざと調子をずらし、その句の不安定さを増長するのは、彼女の持ち味かも知れません。

 サイネリア咲くかしら咲くかしら水をやる

 いつの生か鯨でありし寂しかりし

 乳房ふたつかかはりもなし冬霞

 俯瞰かくもさびしく雁でありにけり

 着膨れてなんだかめんどりの気分

 もつときれいなはずの私と春の鴨

この本を読んでびっくりしたのは、「総合誌や俳壇という一つの漠然とした集まりをそういうふうに鏡として機能させていただいているかもしれない」と言う発言です。

以前の記事で、「俳句は読み手がいることで成り立つ」と書いたことがあります。

読み手に作句を読まれ、その句の価値がつきます。

跳ね返りがあって、俳句は成り立つこということです。

また、その評価を受け入れて、俳句レベル向上に繋がります。

通常なら、それを「句会」や「結社(主宰)」などの、近い鏡を使うのですが、、彼女はそれを行わず、あえて遠い鏡を使っている。

彼女のようなことをしていると、読み手からの反応は早くても数ヶ月先、若しくは反応がないかも知れません。

そうなると、俳句というものは自分自身の戦いとなってしまいます。

それを補っているのは、やはり自分の感性を大事にしていることだと思います。

自分ごとですが、新しい句会で投句したら、こてんぱんにやられたことがあります。

それは、今までの俳句を否定されてようなものです。

そのような不安なものを抱えても、自分の道を貫く彼女に、読み手は更に魅力を感じるのではないでしょうか

<感銘句>

 万緑の森の入る目をガラスにして

 立ちすくむほどのあをぞら冬鷗

 かの鷹に風と名づけて飼ひ殺す

 着膨れてなんだかめんどりの気分

 ライオンは寝てゐるわれは氷菓嘗む

 泳ぎたしからだを檻とおもふとき

 月のまわり真空にして月見草

 春の月水の音して上りけり

 水の地球すこしはなれて春の月

| | コメント (3) | トラックバック (0)

追記:皆既月蝕の日程

7月21日投稿欄で、月蝕の話をしましたが、今後日本で見れる日程が分かりましたので、追記しておきます。

皆既月蝕は、月が地平線上にあればどこでも観測が出来るので、見る回数が多くなります。

 2010年12月21日 17時17分

 2011年12月10日 23時32分

 2014年10月8日  19時55分

 2015年4月4日   21時00分

 2018年1月31日  22時30分

 2021年5月26日  20時19分

 2021年11月19日 18時04分

 2022年11月8日  20時00分

 2025年9月8日   3時13分

 2026年3月3日   20時34分

 2029年1月1日   1時53分

 2032年4月26日  0時15分

 2032年10月19日 4時03分

 2033年4月15日  4時14分

 2033年10月8日  19時56分

 2037年1月31日  23時01分

 2039年12月1日  1時57分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »