« 結社の行方(まとめ) | トップページ | 追記:皆既月蝕の日程 »

ことごとく未踏なりけり冬の星

ことごとく

地元出身のホープ、高柳克弘氏の第一句集「未踏」が発行されました。

実のところ、俳句初心者の僕にとって、彼の句は想像を超えるものが多く、句集に載っている句の、果たして何句読めるのかが、不安で購入するのを躊躇しておりました。

でも、購入した経緯は、句集のタイトルとなった句です。

 「ことごとく未踏なりけり冬の星」

この句を知ってから、頭に浮かんだのは田中裕明先生の「悉く全集にあり衣被」です。

他、師匠 波多野爽波先生の「ことごとく空に触れるる冬木の芽」

弟子 対中いずみさんの「ことごとく挽歌なりけり青嵐」「ことごとく蓮折れてゐる時雨かな」

と、田中裕明先生に造詣深い彼ですので、ここから作られたのかなぁと、ファンとしては溜まらなくなり、泣け出しのお金を出して購入しました。

なので、思い入れたっぷりありますので、時間を掛けて、ゆっくりと彼の句集を読みたいと思います。

(感想はなるべく早くしますね

 

<後日談>

彼とコンタクトがとれて、気になるところを聞いてみたところ、裕明先生の句は知らなかったそうです。。。でも句集は手にしまったので、いまさら関係ないですね。

彼からは「何かを感じて頂ければ・・・」と言われておりますので、何かを感じ取って見たいと思います。

|

« 結社の行方(まとめ) | トップページ | 追記:皆既月蝕の日程 »

句集・歌集etc」カテゴリの記事

コメント

未踏 ですか
いい句ですねぇ

こういう感覚
わかるなぁ。。とっても


それとは 別に^^
ことごとく
これで
袋回しができそうですょ^^v


ことごとく空蝉となる思ひかな  吟遊詩人

投稿: 吟遊詩人 | 2009年7月30日 (木) 11時02分

吟遊詩人さん

一句有難う御座いました。
彼が「未踏」と言われると、僕なんてまだよちよちも出来ていないようなものです。
「袋回し」良いですね(o^-^o)
やりましょう!!

ことごとく焼き払われたる毛虫かな 楚良

投稿: 楚良 | 2009年8月 3日 (月) 15時11分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ことごとく未踏なりけり冬の星:

« 結社の行方(まとめ) | トップページ | 追記:皆既月蝕の日程 »