« 日蝕とは新月の日に起こります | トップページ | 結社の行方・・・人材確保(その2) »

結社の行方・・・人材確保(その1)

ではどのように人材を確保するかですが、カリスマ性の強い結社は、自然と集まってきます。

例えば、結社「鷹」、「澤」も人材も豊富であり、所属する人たちの結束は固いです。

でも、普通に考えれば、結社が全国規模で大きくなれば、主宰から直接お会いすることも限られ、句会に参加できない方も多数おり、主宰から離れていく人がいるかと思います。

誰か主宰の代わりに、崇拝する方がご指導して頂ければ、問題ありませんが、仮に指導者が主宰と考えがずれるようなことがあれば、何を結社に求めているのか疑問を抱くことになります。

 ①結社は好き、だから、違う指導者に切り替える。

 ②指導者が好き、別に結社に入らなくても問題ない、結社離れ。

 ③結社の考えについていけない、違和感を感じる、他の結社、主宰に移動する。

いずれにしても、良いものではありません。

出来れば、主宰の思っていることを、同人に直接お話して、結束を高めるのが理想です。

それは、『「同人誌」で毎回書いているよ(読んでいるよ)』と思われるかと存じますが、(以前にも書いたことがありますが、)これは主宰からの一方的な話だけであり、それについての感想、意見→主宰の返答には2ヶ月も掛かります。

その頃になっても、その話題を触れているわけにも行かないと思います。

(僕の結社の行方シリーズ、現代俳句の海図シリーズみたいに・・・です(A;´・ω・)アセアセ)

一番良いのは、直接連絡を取り合うことですが、これは地方に住む人や主宰が行う句会に参加できない人には、到底無理な話です。

そこで、どうすれば良いかと言えば、インターネットの活用です。

要は、直接、通信が出来る環境があればいいと思います。

そうすれば、時間、場所に関係なく、やり取りすることが出来ます。

取り敢えず、「現代俳句の海図」に出てくる俳人が所属している結社(10社)を確認しました。

 ホームページがある:8社

 チャット(ネットを通じて、複数の人がメッセージのやりとりを行うこと)環境:7社

 ネット句会実施している:4社

う~む、やはり魅力のある結社は、しっかりやられております。

|

« 日蝕とは新月の日に起こります | トップページ | 結社の行方・・・人材確保(その2) »

俳句 批評」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結社の行方・・・人材確保(その1):

« 日蝕とは新月の日に起こります | トップページ | 結社の行方・・・人材確保(その2) »