« 石田郷子(現代俳句の海図より) | トップページ | 結社の行方(その1)・・・結社とは »

結社の今後(予告)

2、30年後の結社は、若手を率いる数十社しか(一桁になるかも知れない)残らないと思います。

時間が出来ましたら説明しますが、それまでは考えてみて下さいませ

気がつけばアクセス1000件超えてますね。

どんな人たちが読んでいるのでしょうか?

他愛ないことでも良いので、コメント入れて下さいませ

|

« 石田郷子(現代俳句の海図より) | トップページ | 結社の行方(その1)・・・結社とは »

俳句 批評」カテゴリの記事

コメント

結社というより
自由で有機的な仲間が
俳句を楽しみながら共生できたらいいなあ・・・と
思います。
俳句は日本語がある限りずっと残ってゆくでしょう。

投稿: 海渡 | 2009年6月22日 (月) 01時57分

海渡さま

コメント有難う御座います。
そうなんです。
自分が作った俳句が提供される場、また読んで下さる人がいれば十分なのです。
そうなると、ネットやプログだけで済んでしまいます。
(句会も出来ますからね。)
俳句は残っても、結社は残らない・・・
その続きは、日記の更新するまで、お待ち願います。

投稿: 楚良 | 2009年6月22日 (月) 12時41分

確かに、
これからはだんだんと結社の様子が変わってゆくことでしょうね。
でもね、
顔を合わせればもう、気持ちがほぐれて自然に笑みがこぼれるような素敵な仲間たちや、
心から慕える指導者とめぐり逢ってごらんなさい。
そのときはきっと
わざわざ出かけて同じ空間を共にする(なんて贅沢な時間でしょう!)句会が待ち遠しくてたまらなくなりますよ

俳句は”座の文学”なんですものね!

投稿: まもん | 2009年6月25日 (木) 16時59分

まもんさま

コメント有難う御座います。
でも、キーワード(句会)を先に言われてしまいました。。。
俳句でなにより楽しいのは「句会」です。
句会でないとお会いすることのない面々が集まり、そこで俳句談義を行えれば言うことなしですね
でも、また顔なし(ネット)で出来てしまうご時勢ですので、そこをクリアしていかないと、結社の存続が出来ないんですよね。
もう少し、俳句素人のお話に付き合って下さいませ。
ところで、まもんさまとも「句会」してみたいですね

投稿: 楚良 | 2009年6月25日 (木) 21時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結社の今後(予告):

« 石田郷子(現代俳句の海図より) | トップページ | 結社の行方(その1)・・・結社とは »