« 「て・に・は・を」の変化 | トップページ | 18文字 »

自分誌

句会の主宰より「自分誌」を頂きました。

既に2冊発行され、頂戴した本で3冊目となります。

「卒寿までに生き続けれた記念に、もう一度自分をまとめてみたいですけれど・・・」での作品です。

という訳で、この本は「傘寿=90歳」の記念誌となります。

内容は、俳句だけでなく、エッセイや先代の鑑賞記をまとめてあります。

その中から

 春を呼ぶ此の人「五体不満足」(平成11年)

 新世紀何も変らぬお正月(平成13年)

取り上げた2句は、その時代を反映した句です。

しかも読み手がなるほど、そうだったと共感できる句です。

作り手が感じたことを、そのまま俳句にしたもの。

時代遅れだの、理論とかで話すことはできないかと思います。

その時代を認識して、作り手、俳句そのものを見るべきだと思います。

それで、自分がどう感じるのか。

諸先輩から学ぶことはたくさんあると思います。

何故なら、俳句だけでなく、人生の先輩だからです。

「異物」と感じることがあるかも知れませんが、それはその人の人生から生まれてきたのであって、否定することはできません。

否定することはその人の人生を否定することになりますし、間違えれば、自分を否定されるかも知れません。

また、人生を重ねるうちに「異物」だったものが、受け入れる日があるかも知れません。

なので、分からないものは、否定でも肯定でもなく、そのままにしておくのが適切だと思います。

いずれ、その「異物」に触れるときがあれば、そのときには自分の主観が変わっているので、その時に論じれば、よろしいかと思います。

ちょうど、たじまさんや沙希さんのプログを読んで、自分はどう思うのかと考えているときに、主宰から「自分誌」が届いたので、まとめて見ました。

たじま屋のプログ

http://moon.ap.teacup.com/tajima/

鯨の海星

http://saki5864.blog.drecom.jp/

|

« 「て・に・は・を」の変化 | トップページ | 18文字 »

俳句 批評」カテゴリの記事

コメント

遅くなりました。始めまして。
何時も喫茶ではお世話になっております。
大変難しいお話をなさるのですね。
プロフィールの「超適当なサラリーマン」
頂きます(笑)

投稿: ひつじ | 2009年6月 5日 (金) 19時25分

ひつじさま

コメント有難う御座います。
たまたま、難しいお話をしているところで申し訳ありません。
でも、超適当人間が超適当に話題をしますので、適当にコメント頂ければ幸甚です。。。
喫茶にも俳句が湧いたときにしか参加出来ておりませんが、よろしくお願い致します。

投稿: 楚良 | 2009年6月 8日 (月) 16時08分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分誌:

« 「て・に・は・を」の変化 | トップページ | 18文字 »