« 自分誌 | トップページ | 梅雨の花 »

18文字

6月6日の「俳句王国」の主宰、7日の「NHK俳句」はゲストは金子兜太先生でした。

俳句界の重鎮、テレビを通しても現場のピリピリ感が伝わってきます。

そこで、気になったのがタイトルの「18文字」でした。

兜太先生の提出句

 森林浴かすかに光る魚の音も(しんりんよく かすかにひかる うおのおとも)

 麦の秋天海駄菓子をふとつまむ(むぎのあき てんかいだがしを ふとつまむ)

1点は19文字、2点目は18文字です。

「麦の秋~」の方はすんなり入りました。

しかし、「森林浴~」は、どうしても下五が気になってしまいます。

どうして、音を『ね』と読まないのか、また『も』をつけたりする必要があるのでしょうか?

意味が分かりますが、理解が出来ません。

兜太先生曰く、「分かる人にはこの句がいいことが分かるんだ」そうです。

これは、(たじまさん曰く)「技術の進歩」は俳句を俳句たらしめていくのだとすれば、やはり、「俳句の限界は、俳句自身だ」ということになのですかね。。。

続けて、NHK俳句の入選句から 「不安定を以つて均衡鳰浮巣(川崎 完治さん)」

兜太先生はこの句を 「不安定を以つて均衡鳰浮巣」にしました。

18文字になるのですが、俳句には、リズム感が大切だと言われておりました。

確かに『の』を入れることで、この句はしっかりしました。

俳句は、作り手と読み手がいることで成り立つと思います。

読み手のアドバイスで、良句が更に良句になるのは、とても素晴らしいことです。

(詠み手が先生、恩師だったら尚更です。)

でも、怖いことは、作り手が『こうだ!!』と言ってしまうことです。

そうなると、その俳句はそれ以下でも、それ以上でもなくなり、それでその句は終わってしまいます。

僕は、自分から離れてしまった句は、何かすることもなく、読み手に任せるしかないと思っております。

読み手のアドバイスを聞いて、更に自分の俳句を高めるのが、上達の近道だと思います。

---------------------------------------------------

無論、作り手に意見を求め、賛同する方もいます。

それによって、「結社」が成り立ちが、その後、どうなるかは別の記事にて

----------------------------------------------------

俳句王国放映最後の、ゲスト高橋洋子さんと兜太先生のバトルは面白かったです。

高橋さんも作家としてのプライドがありますから、他の人ならへこんでしまうところを返答しておりました。

僕も自分の意見をきちんと持って、俳句に望みたいと思います。

その為には、俳句の技術を高め、理解できない句を少なくしていきたいものです。

|

« 自分誌 | トップページ | 梅雨の花 »

俳句 批評」カテゴリの記事

コメント

「も」は要らない派ですう。

投稿: ひつじ | 2009年6月12日 (金) 22時02分

ひつじさま

嬉しいです。
(「も」をつける)理解できない方がいらっしゃって

投稿: 楚良 | 2009年6月13日 (土) 00時38分

俳句は リズム

リズムって
受け取り方次第ですね

その人自身の持っているリズム
音楽にも 合う合わないがあるように

だけど
ここ よいブログですね♪
心地いいリズムを感じます^^*

投稿: 吟遊詩人 | 2009年6月13日 (土) 23時34分

吟遊詩人さま

お褒めの言葉有難う御座います。

17音リズムがあれば、18文字、19文字、逆に16文字でも良いと思います。
それがずれてしまうと、自由律となってしまいます。
五七五が基本であれば、そのリズムに合わせて作りたいですね。

投稿: 楚良 | 2009年6月15日 (月) 09時59分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 18文字:

« 自分誌 | トップページ | 梅雨の花 »