« xxx誌4月号掲載句 | トップページ | 17文字の孤独(大高翔) »

岸本尚毅(現代俳句の海図より)

波多野爽波(青)一門の一人。

他に田中裕明、辻桃子、岩田由美らがいる。(因みに岩田由美さんは奥さんになります。)

「焼藷や空に大きく大師堂」

この句を読んだ時に、大師堂の上に真っ青な空が広がりました。

独身の時に、西新井に住んでいたことがあるので、西新井大師に行ったことがあります。

十何年前のことなのに、境内や門前のせんべい屋のことを思い出しました。

何という写生句!!

一瞬してこの人の魅力に惹かれてしまいました。

「青大将実梅の分けてゆきにけり」

二つの季語を違和感もなく一つの句に収めてしまう技巧。

それに田中裕明先生と同じ「青」としての俳句人生。また、「ゆう」創設時に一投句者として参加。

写生→花鳥風月→花鳥諷詠への誘い、それは『雅』を伴った俳句である証拠であり、俳句の無限を説いているのと思います。。

一度、この人に俳句のことを直接、学んでみたいです。

<感銘句>

鶏頭の短く切りておかれある

冬空に出てはつきりと蚊のかたち

海上を驟雨きらきら玉椿

蟷螂のひらひら飛べる峠かな

火の中に鈴の見えたるとんどかな

末枯に子供を置けば走りけり

焼藷や空に大きく大師堂

青大将実梅を分けてゆきにけり

盆の波ゆるやかにして響きけり

何もかも見ゆる月夜や桐一葉

歯あらはに菊人形の老女かな

火のかけら皆生きている榾火かな

|

« xxx誌4月号掲載句 | トップページ | 17文字の孤独(大高翔) »

現代俳句の海図」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岸本尚毅(現代俳句の海図より):

« xxx誌4月号掲載句 | トップページ | 17文字の孤独(大高翔) »