« 文芸XXXX誌掲載句 | トップページ | 6時間耐久ラブワゴン »

万緑叢中紅一点

見渡す限り緑の草むらに赤い花が一つあること。

「多くの男性の中に女性がただ一人」との意が発生し、今は「紅一点」のみで使われる。

もとは中国の王安石の詩。

そこから取った「万緑」を中村草田男が季語として定着させた。

『万緑の中や吾子の歯生え初むる』

(毎日新聞:5月4日朝刊)

|

« 文芸XXXX誌掲載句 | トップページ | 6時間耐久ラブワゴン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万緑叢中紅一点:

« 文芸XXXX誌掲載句 | トップページ | 6時間耐久ラブワゴン »