« 不況の俳句・・・残す俳句とは | トップページ | 生活俳句 »

言い切ると委ねる

俳句は一人では出来ません。

作った句を詠み手がいることで成り立ちます。

でも、作り手の言いたいこと(驚き)が読み手に伝わるかとどうかは疑問です。

なので、作り手は読み手と共鳴すために、十七文字を組み立てます。

それには、季語や切れ字などありますが、あと、句の言い回しが必要となります。

要はタイトルどおり、自分の意思を言い切るか委ねるかです。

例えば、委ねる場合の句は

「菜の花や月は東に日は西に」(蕪村)があります。

蕪村は、ただ、菜の花と月と太陽を言っただけです。

あとは、読み手に任せております。

逆に、「戦争が廊下の奥に立つてゐた」(渡辺白泉)

自分の見たものをずばり言い切っておりますが、

2句とも情景が浮かびます。

でも、何でそんなことが出来るのかと言えば、読み手の記憶(思い出)を使うことです。

「菜の花」と聞けば、読み手のそれぞれの思い出が蘇って来ます。

その思い出に月と太陽を入れるだけ。

なので、句=読み手の情景だけで、良句となります。

「戦争」の記憶は暗いもの、「廊下の奥」と言えば読み手全員が持っている校舎の中の、近づかない(行かない)場所をイメージするのかと思います。

なので、戦争とは読み手の記憶の奥にあるものだと教えてくれる句、このことを発見させてくれたことが優れていることになります。

俳句とは新しい発見、驚きを共鳴することと言いましたが、読み手の記憶を読み出させることが大切です。

|

« 不況の俳句・・・残す俳句とは | トップページ | 生活俳句 »

俳句 批評」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言い切ると委ねる:

« 不況の俳句・・・残す俳句とは | トップページ | 生活俳句 »