« もぐら島 1 | トップページ | 三村純也(現代俳句の海図より) »

もぐら島 2

土は壁の両側に積まれ、通路の真ん中はうっすらとしているだけで、歩くには問題がなかった。

無音の世界。

足音は土の中に消され、普段、音に慣れ親しんでいる者には、ただ恐怖を感じるだけであった。

どこまで続くのだろう・・・

先には小さい明かりが見えるが、それはもぐら島の入り口であろう。

足元の土に気を取られ、走ることは出来ない。

一歩一歩着実に進むだけである。

|

« もぐら島 1 | トップページ | 三村純也(現代俳句の海図より) »

ショート・ショート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もぐら島 2:

« もぐら島 1 | トップページ | 三村純也(現代俳句の海図より) »