« プログ開始 | トップページ | 松本つね「天竜川」 »

キエフの大門 その1

得意先の課長が、体調を崩したと言われ、午後の商談が空いてしまった。

受付の女性は、伝言を言うと、速やかに鳴り出した電話を取った。

これ以上ここにいることはないし、この商談も既にサインを貰うだけなので、問題ない。

会社には直帰の連絡をしている。

外は梅日和、僕はそのままビルの外に出た。

そういえば、来る途中、小さな画廊があったなぁ。

気になる「門の絵」。横には塔があって3つの鐘・・・

ゆっくり、来た道を確認しながら、その画廊へと足を向けた。

「こんにちは」

ドアの鈴がなると、上品な初老の女性が声を掛けてきた。

他には誰もいない。

しどろもどろに、ドアを開けたまま、立ちすくんでいると、

「見るだけも結構ですよ。どうぞお入りになって下さい」

笑った口元に、可愛らしい笑窪をつけて、僕を招き入れてくれた。

「初めて見える方ですね。どのような御用事で」

「先ほど、通った際に気になる絵があったので・・・」

「そうなの、どの絵なのかしら」

辺りを見渡したが、それらしい絵はなかった。

「20分ほど前のことです。丸い門に、横に塔が立っていて、そうそう3つの鐘がありました」

彼女は首を傾げながら、自分の過去を思い出そうとした。

「可笑しいわね。絵は動かしていないし、ええと、何をやっていたかしら・・・」

一つ一つ動作を真似て、僕はとても申し訳なくなった。

「もういいですよ。本当に暇つぶしに寄って見ただけですので」

僕はドアを開けようとしたときに、

「あぁ、思い出した。これよこれよ」

と、画廊の奥に行って、一枚の絵を持って来た。

「キエフの大門」

彼女はその絵を僕に渡した。

しかし、それは絵ではなく、最近見ることがなくなったLPレコードだった。

|

« プログ開始 | トップページ | 松本つね「天竜川」 »

ショート・ショート」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キエフの大門 その1:

« プログ開始 | トップページ | 松本つね「天竜川」 »