« キエフの大門 その1 | トップページ | 金子敦 「砂糖壺」 »

松本つね「天竜川」

俳句歴33年目にして初句集です。

まだまだ力及ばず、没句にされることが多く、少しでも唸らせる句を

作りたいものです。

据膳の真ん中にあり寒卵

帰省子の世辞言ふことも覚えけり

嫁ぐ子と安曇野の秋を歩きをり

花火果て北斗の位置の変りけり

秋深し触れあへば生るる音

火祭りの果てて雪まふ舞楽殿

風花や杉千本の寄進札

胡麻を干す宇宙の話聞きながら

思ひきり石蹴つてみる冬の坂

大丸太小丸太木曾の初しぐれ

心音の数たしかむる寒夜更く

草笛を吹くや時には目を閉じて

真似ながら入つて行きぬ踊りの輪

もう一つ伝へたきこと秋の虹

月の客乗せゴンドラ動き出す

闇に目を凝らす蛍とわかるまで

蠅打ちてまた説明つづけをり

割箸の素直に割るる大厄日

|

« キエフの大門 その1 | トップページ | 金子敦 「砂糖壺」 »

句集・歌集etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松本つね「天竜川」:

« キエフの大門 その1 | トップページ | 金子敦 「砂糖壺」 »